中部観光

中部

台中の郊外は豊かな自然と、純朴な人々の暮らしが今でも生きています。山並みには温泉郷が、川沿いには台湾でも大きなレイクリゾートが、そして台湾でしか見ることの出来ない伝統芸能が息づいているのもこの地域の特徴です。


中でも台湾のど真ん中にある2000mクラスの山がひしめく阿里山は最高峰の山で、豊かな樹海と四季によって変化する景観を持っています。また阿里山では世界中の鉄道ファンが注目するディーゼル機関車阿里山鉄道が走っています。

ほかにも中国大陸との交易の歴史に関する名跡が数多く残っている鹿港、台湾の「へそ」と呼ばれ農業地だからこそ生産可能な紹興酒やビーフンなどの名産品が多い埔里に、南国果実の名産地であり鉄道オタクには一度目にしておきたいローカル電車で見られるクスノキでできた「緑のトンネル」のある集集線も面白いかも知れません。

またレイクリゾートでもある日月潭は台湾中部を代表する景勝地で朝霧と暗緑色のコンチェルトが美しいので一見の価値ありです。

また温泉も多彩で、「美人湯」の異名を持つ灰色に濁ったドロ湯が売りの関子嶺温泉や、台湾でも最も高い場所にあるアルカリ性温泉の廬山温泉などがあります。

特に廬山温泉ではイノシシやキョンの肉が食べる事が出来、賑やかな温泉郷として地元の人も遊びに来るくらいです。


このページの先頭へ